読み物

処分に困るもの一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

整理で見つかり、そのままゴミとして処分できない、しづらいものたちです。

請求書やその他書類

請求書は清算が必要です。延滞している場合などは、相手先に連絡の上、改めて請求書をもらう必要があります。
その他の契約書類等は、まとめてご遺族様にお渡しします。
相続に関わるものが出てきて、遺産の再分配なんてことも起こりえます。

注射針

インシュリン注射等で使用した針などは、かかりつけの病院または薬局にて、引き取ってもらうのが間違いない処分の方法です。

仏壇や神棚など

方法としては、「捨てる」「売る」に分かれます。
「売る」場合は、不用品回収業者もしくは仏壇屋さんへ相談しましょう。
「捨てる」場合は、専門業者もしくは粗大ごみとして自治体に処分してもらいます。
その際に“ご供養(閉眼供養・魂抜き)”をしてから処分しましょう。
一説には、「開眼供養(魂入れ)」を行っていなければ「閉眼供養」は必要ないいいますが、
長く使用することで、自然と魂が入っていくので、処分前のご供養は必要だと考えます。

遺言書

直ちに弁護士に相談しましょう。勝手に開けてしまうと、遺言書としての権利を失う場合もございますのでご注意ください。

へそくり・タンス貯金

こちらも相続の対象となりますので、再分配の手続きが必要になります

灯油・ガスなどの燃料類

燃料類を入れた容器や農業で使用する小型のエンジン等は通常では処理できません。
処理業者さんにお願いして引き取ってもらいます。

レンタル品
返却して、延滞金を清算しましょう。清算金が高額になってしまった場合には、お店と相談、もしくは裁判となります。

未開封の手紙

そのままご遺族にお渡しします。

携帯電話

解約済みのものでしたら、引き取ることが可能ですが、契約中のものが見つかると解約手続きが必要になります。

パソコン

データが残っている場合には、消去していただくか、こちらで消去させていただきます。
パソコン自体を処分してしまう場合は、ハードディスクを物理的に破砕して処分することも可能です。
データを残したい場合はご相談いただければ、DVD等に焼いてお渡しすることも可能です。
しすることも可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.