施工事例

【遺品整理】部屋のお片付け実績紹介01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
遺品整理実績header

(プライバシーの都合により写真は掲載していません。)

先日栃木県内のお宅のお部屋のお片付けをしてきました。

リフォームを請け負ったお部屋が物置のようになっており、

物があふれていて工事に支障がでるために、片づけを提案しました。

   状況

  • リフォームをするために部屋を片付けておきたい。
  • 遺品も多く存在する。
  • 故人が収集家、多趣味であったため物が多い。
  • 商売をしていたので、関連の物も多く存在する。
  • 3世代分の物が混在している。

物が非常に多くて、処分する量も多くなりました。

 

 実際の作業

施工面積
  • フローリング1部屋 : 約52㎡(約16帖)
作業日数
  • 2日間(仕分と持出:1日、不用品の処分:1日)

片づけ自体は1日で完了したんですが、ゴミが大量だったので処分日を1日追加しました。

作業人数
  • 4名(男性2名・女性2名)

女性所帯だったので、半分を女性スタッフにしました。

不用品の量
  • 軽トラック約5台分
不用品の内容
  • 電化製品(テレビ・ファンヒーター・カメラなど)
  • 商売に使用していたもの
  • おもちゃ
  • 食器
  • 大量の電池とコード
  • 缶・ビン
  • 本・雑誌
  • 小さな家具(ソファ・カラーボックスなど)
  • 布団・マットレス
  • その他雑貨(不燃・可燃混合)
作業の流れ
  1. 要不要の仕分を行う
  2. 不要品を運び出す
  3. 残ったものを分類して段ボールに詰める
  4. 段ボール含め残ったものをまとめて整理する※今回はリフォームを控えているので、施工の邪魔にならない位置に物を移動しておく。
  5. 不要品を仕分する
  6. 不要品を運搬・処分する
まとめ

今回は処分した量も多かったですが、残した量も多くなりました。

家主様に一点一点確認しながら作業をしたため、残す決断をされたものが増えました。

捨てたら2度と帰ってこないものも多いので、難しい決断が多い現場となりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.